電話鑑定慈念 › 物霊鑑定 › 棚から落ちる人形

物霊鑑定

棚から落ちる人形

先日、伯母が亡くなりました。伯母は生涯未婚でしたので母が喪主を務め、葬儀は身内のみでささやかに行われました。その後、伯母の家を片付けることになり、形見分けで私は西洋人形をいただきました。20世紀初頭にフランスで作られたもののようで、古めかしくも神秘的な佇まいを私は気に入ってしまったのです。ですが、この人形の様子がどうもおかしいのです。私はいただいた人形を自宅に持ち帰って、自室の棚に飾っていたのですが、時々勝手に落ちるのです。しかもこの人形が落ちた直後には決まって少々悪いことが起こります。車に轢かれそうになったり、カラスに襲われたり。先日は会社帰りに人身事故に巻き込まれて2時間も電車に閉じ込められてしまいました。「もしかしてこの人形は不幸を呼んでいるのでは?」そんな疑念が頭をよぎったのですが、伯母の形見に対してそんなことを思いたくはありません。ですが到底偶然とは思えず……。どうしても気になって、慈念の物霊鑑定に依頼することにしました。この人形は普通の人形なのでしょうか? それとも……。どうか鑑定をお願いします。

【神奈川県大和市 多田藍子さん】

霊能者による霊視結果

20世紀初頭のフランス人形とのことでしたが、霊視の結果、様々な方の元を渡り歩いて御依頼者の多田様の元へ辿り着いたことが分かりました。日本へ来たのはどうやら終戦直後のようです。最初に手にしたのは港町に住むお金持ちの方のようでしたが、その方は“気味が悪い”と感じたようで、古物商に売り渡され、それを伯母様が入手されたようです。

さて、この人形の中身ですが、確かに霊の存在を感じます。ですが決して悪い霊ではなく、どちらかというと精霊に近い存在と言えるでしょう。同封されていた写真を念入りに霊視しましたが、「持ち主を守りたい」という善良な意志が感じられました。“棚に置くと勝手に落ちて、その直後に悪いことが起きる”とのことで、確かに一見不吉なようですが、これは人形の霊が持ち主に身の危険が迫っていることを知らせようとしてそうしているようです。ですので“人形が落ちたから悪いことが起きた”のではなく、“悪い予兆を察して人形が知らせてくれた”とする方が適切でしょう。

伯母様はどうやらこの性質に気付いていたようで、人形を大切に棚に飾り、大切にしていらっしゃいました。おかげで伯母様は波乱に富んだ人生であったにも関わらず天寿を全うできたのでしょう。この人形は大切にされることをお勧めします。愛情を持って保管してあげることで、あなたの身に降りかかる災厄をあらかじめ知らせ、トラブルを回避するヒントを示してくれることでしょう。

霊の特性は千差万別で、良いものも悪いものも存在します。良いものを味方につけた場合、彼らはさまざまな形で助けの手を差し伸べてくれます。超自然的な存在ゆえに、そのサインは一般的な方にとって“気味が悪い”と感じるものであるかも知れませんが、霊のサインを正しく理解することによって、あなたの人生を助けてくれる心強い隣人となるでしょう。もしあなたの家に気になる物品があるようでしたら、ぜひ我々に鑑定を御依頼下さい。その物品に込められた念、霊の存在、またそれらにどういった特性があるかを詳細に霊視し、対処法や向き合い方を丁寧にお教えいたします。遠慮なく御相談下さいませ。

一覧に戻る

このページのトップへ