電話鑑定慈念 › 物霊鑑定 › 精霊の宿るタイの木彫り人形

物霊鑑定

精霊の宿るタイの木彫り人形

物霊鑑定を希望しています。見てもらいたい品は、木彫りの人形です。現地の人が作った民芸品で、ちょっと怪しげでエスニックな雰囲気です。こちらは先日、タイを旅行してきた友人からお土産にもらったものです。彼はちょっと変わっていて、海外旅行をすると必ず現地の怪しげな品を買ってきます。私も怪しげな品は好きなので、他の人の選ぶお土産とはちょっと違う彼のチョイスは、毎回楽しみでした。
でも、今回はちょっとばかり困ってしまいました。その人形を家のラックに飾った日から、家の中で妙な現象が起きるようになったのです。物がひとりでに落ちたり、倒れたりするようになりました。また家鳴りがひどくなりました。その木彫りの人形が来るまではそんなことは全くなかったんです。もしかしてこの人形には何か霊が憑いているのではないかと思い、鑑定をご依頼しようと思いました。よろしくお願いします。

【愛知県名古屋市 太田和子さん】

霊能者による霊視結果

送っていただいたお写真から既に霊気が滲み出ており、間違いなく霊的な何かが宿った品のようでした。詳しく霊視をいたしましたところ、正体が判明しました。こちらの木彫りの人形には現地にいる土地の精霊のようなものが宿っているようです。正確に言うと、その精霊の一部である念が宿った状態と言えます。
土地や自然に霊性を見出し、超常的な存在として崇める精霊信仰は、世界各地に存在します。日本で言うところの神道がそれに属するものです。タイは仏教の国ですが、仏教が伝来する以前はこういった精霊信仰が主流でした。タイの精霊信仰は「ピー」と言う精霊を崇めるものです。ピーには良いものも悪いものもおり、概念として日本の神道にとても近いと言えます。旅行客に向けて売られる民芸品の中には、こういった民間信仰に基づく伝統的な人形も多く、これらは日本の土産物屋で売られる人形やこけしに近い感覚です。ですから「タイの木彫り人形にピーが宿っていた」というのは、いわば「こけしに霊が宿っていた」ということです。こう考えると感覚的に理解できるのではないでしょうか。
ご相談者様がもらった木彫り人形に宿る霊は、それほど力が強い存在ではありません。また、特に性質の悪い霊ではありませんが、持っていると福をもたらすタイプのものでもありません。特に実害はありませんが、まがりなりにも霊の宿っている人形ですから、部屋に置いておくだけでちょっとした怪現象が起きることにはなるでしょう。不気味と感じる場合は、近場の神社に持っていって預けることをお勧めします。

一覧に戻る

このページのトップへ