電話鑑定慈念 › 鑑定体験談 › 離れて気付いた、お互いの存在の大きさ!

鑑定体験談

離れて気付いた、お互いの存在の大きさ!

同じ劇団で知り合い、妙に馬が合った男性と付き合い同棲し始めました。しかし最近は家でも練習場でも顔を合わせると、お芝居のこと、そして将来のことについて、事あるごとに言い合いをしてしまいます。

ちょっとした言葉、仕草一つ取っても、なんだかイライラしてしまうようになってしまいました。劇団の他のメンバーにも迷惑を掛けることになり、また私自身、彼のことが今でも本当に好きなのかどうかさえわからなくなってきました。

見兼ねた劇団の友人から電話鑑定を受けてみたらと薦められ、今回初めて電話鑑定慈念に相談してみました。電話なので顔が見えないだけに、溜まっていた彼とのことそして将来の生活について、不安・不満が次から次へと言葉が出てきました。

一方的にそしてひと通りスッキリするまで喋った後、霊能者の先生に「霊視したところ、折角のご縁で共に歩んで行かれているお二人なのですから、今その関係を断ち切ってしまうのは後悔を残しますよ」と言い諭されました。

その後じっくりと彼と話し合いをしまして、霊能者の先生に言われたように、一度離れて暮らすことにしました。確かにお芝居に打ち込むのは楽しい。でも楽しいだけでは生活が出来ないこともお互いよく認識してはいたのです。

離れることによって、独りでじっくり将来のことについて考える時間を持ち、お互いの存在の大きさに気付くことが出来きればいいなと思っています。

【江川乃里美 24歳 アルバイト 兵庫県神戸市】

※ こちらに掲載された体験談は、お客様の了承を得た上で一部修正の後、掲載しております。

<戻る 1 2 3 4 5 次へ>

一覧に戻る

このページのトップへ