電話鑑定慈念 › 魂の言葉 › 恋愛と生霊の関係

魂の言葉

恋愛と生霊の関係

電話占い慈念に最も多く寄せられる相談が「恋愛」に関するものです。中には純粋な片想いの方もいらっしゃるのですが、どちらかというと、悪縁のしがらみ、複数の関係が交錯する縁のもつれ、そういった複雑な恋愛で悩んでいる方が多い傾向にあります。そういった恋愛トラブルの原因のひとつにあるのが“生霊”です。

恋に悩む多くの人が生霊を飛ばしている

例えば恋愛を歌った曲の歌詞などにはよく「想いが力になる」という表現があります。実際これは事実です。例えばある人がある人を強く想う時、そこには霊的なエネルギーが発生します。これがいつでも良い方向に働けば良いのですが、そう上手くは行きません。人間は決してポジティブな感情だけを持っているわけではないからです。例えば恋がうまくいかない場合、「もしかして私のことが嫌いなんじゃないだろうか」「浮気をしているんじゃないだろうか」という疑念が湧き上がり、また「他の人と喋らないで欲しい」「周りにいる異性を排除したい」といった執着の念が膨れ上がっていきます。心に生まれた執着の念はその人の生気を吸い取りながらどんどん増幅していき、やがて相手にも伝播し、相手の生気も急速に奪っていきます。この執着の念こそが生霊の正体です。生霊を飛ばしている状態は百害あって一利なし。飛ばす方も飛ばされる方も両方衰弱していきます。そうして疲れ果てたふたりは破局してしまうのです。こういった恋の展開に心当たりのある方も多いのではないでしょうか。これは生霊によって恋が破局する典型的なパターンです。

生霊を飛ばさないためにはどうすればいいのか

生霊とはいわば執着の念。愛情が悪い方向に発露したものの塊です。ですので、心の中に悪い念が膨れ上がらない限り、生霊を飛ばすことはありません。恋が理想的な状態に保たれている場合、ふたりの間には良い念が行き来し、霊的にどんどん良い状態になっていきます。ですので、生霊を飛ばさない方法とはすなわち「恋を理想的な状態に保つ方法」に他なりません。恋を理想的な状態に保つためには、相手に対する気配りを忘れない、嘘をつかない、隠し事をしない、許す、といった人間性の部分が重要となります。完璧な人は生霊を飛ばすこともありません。ですがそんな人はいないのも事実。ですので「自分は弱い心を持つ」ということを自覚して、なるべく悪い念を溜め込まないようにすること、それが生霊を飛ばさないための最も良い方法であると言えるでしょう。

生霊を飛ばしていると思ったら

ですが現実的に、恋に悩んでいる人はみな悪い念を溜め込んでいますし、「悪い念を溜め込まないようにする」と言われたところで、それを実践できる方はそう多くはありません。こういった時に役立つのが霊能者の鑑定です。霊能者は人の心に溜まった悪い念を浄化し、ふたりの状態を理想的な方向に戻すことが可能です。その方法はさまざまです。例えば祈祷や祈願で直接影響をもたらす者もいれば、守護霊に働きかけることで事態を良化させる者もいます。また波動修正によって本人の霊的状態そのものを正常に戻して悪い念そのものが生まれにくくする者もいます。電話占い慈念にはこういった霊能術に秀でた一流の霊能者が多数在籍しておりますので、「生霊を飛ばしている」と思ったら、また「生霊を飛ばされている」と思った方も、ぜひお気軽にお悩みをご相談下さい。

<戻る 13 14 15 16 17 次へ>

一覧に戻る

このページのトップへ