電話鑑定慈念 › 鑑定体験談 › 何かを見失っていた日常から立ち直るアドバイスをくれた!

鑑定体験談

何かを見失っていた日常から立ち直るアドバイスをくれた!

毎日毎日、家と会社の往復に体のダルさと心の重さを感じていました。男性に負けたくない、その一心でひたすら前だけ見て走ってきました。

しかし30歳を過ぎて、両親のこと、自身の健康のこと、そして仕事にのめり込み過ぎて、先日彼から愛想を尽かされるように別れを切り出されてしまったことなど、色々考えてしまう毎日でした。

仕事以外あまり気にもしてなかった、女性としての幸せや将来のこと、それに体調が最近優れないこともあり、急に不安になってしまい、以前に転職をする際に鑑定をしていただいた、電話鑑定慈念にお電話をしました。

霊能者の先生からまず「精神が不安定になると、生活状況すべてがそれに引っ張られ、立ち所に崩れてしまいますよ。体調が悪くなったのは、注意しなさいという体が発するサインですから」と言われました。

その上で、まず仕事以外の物事に優先順位をつけて、簡単に解決出来ることから手をつけていくのが理想だと諭されました。さらに霊能者の先生は、私に活力が蘇えるよう念を送ってくださったのです。

そこで霊能者の先生に言われた通り、少し休みを取って有名なお寺に行き、心を落ち着かせるために写経をしてきました。

そして家の近くの公園で、ただのんびりと空だけ眺めて一日を過ごしてみたのです。 なんだか仕事だけしか見えてなかった自分の凝り固まった目と心が、自然と解きほぐれていくのがわかりました。

それと同時に、自分の中にとても前向きなエネルギーが湧いてきているのがわかったのです。

ふっと何か大切なものを気付かせてくれる、そんな助言と念送りを非常にありがたく思っています。

【田村美里 33歳 会社経営 三重県津市】

※ こちらに掲載された体験談は、お客様の了承を得た上で一部修正の後、掲載しております。

<戻る 1 2 3 4 5 次へ>

一覧に戻る

このページのトップへ