思念伝達による電話鑑定

慈念(じねん)

通話料完全無料!

フリーダイヤル

年中無休/受付時間:朝9時~翌朝5時

  • 登録済みの方:自動音声案内にて「24時間」受け付けております。
  • 初めての方・お問い合わせ「午前9時~翌朝5時」のみ受け付けております。
  • ※ご利用の際は、電話番号を通知してお掛けください。
  • ※IP電話・国際電話は、[03-5911-7196]になります

物霊鑑定

不気味な木箱

不気味な木箱

実家の片づけをしていた母が、押し入れの奥から不気味な木箱を見つけてきました。もう何十年も動かしてない棚の後ろから出てきたのですが、見るからに古そうな年代物で、開けてみると中には干からびた虫の残骸が入っていました。それを見た母が「気持ち悪い!」「呪いの箱だわ!」と騒ぎ出し大騒動に。結局、私が霊能者の先生を探してくることになり、インターネットで検索して電話占い慈念を見つけ、物霊鑑定の依頼を出すことになりました。私は気のせいだと思っているのですが…。母は昔から妙に勘の鋭いところがあり、本当に呪いの箱だったらどうしよう、と少々気になっています。だとしたら、なぜそんなものが家の押し入れの奥にあったのかも知りたいです。どうか鑑定をお願いします。

【群馬県前橋市 林朋子さん】

霊能者による霊視結果

同封した写真を拝見させていただきましたが、特に禍々し気は纏っておらず、呪いの品ではないようでした。詳しく霊視していくと、その箱は昭和四十年代から押し入れの奥に眠っていることが判明しました。押し入れに入れたのはお母様の実の兄、ご相談者様の伯父様にあたる方です。子供のころ、近くで虫を捕まえてその辺の木箱に入れたものをそのまま忘れてしまい、後で中を見るのが怖くなり、そのまま押し入れの奥に隠してしまったようで、そのまま何十年も押し入れの中で眠り続けていたようです。

ただ、虫の死骸を入れたままずっと暗所に眠っていたものですから、決して良い気を纏ってはおりません。中にはかなり強烈な陰の気がこびりついています。勘が鋭いというお母さまが恐れるのも道理かもしれません。そのまま燃やして捨てれば問題のない品ですが、お母様を納得させるためにも最寄りの神社で供養してもらうのが賢明です。